August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

電車で寝過ごし

ついにやってくれました。

のんが下校中に電車の中で寝てしまい、最寄り駅を乗り過ごすという失態。

折り返し駅で親切な方に起こして頂いたようですが、長い帰宅路となりました(笑)。

こういうとき、GPS付けてて良かったと思いました。

おかしいな、まだ帰ってこないなあ、と思って調べると、あれ、何で今そこにいるの? という疑問があるものの、とりあえず線路の上にいるから、まあだいたい状況はわかりますからね。

一人での通学、下校にも慣れて来たということでしょう。たじろぐことも無く、淡々と帰って来ましたが、こういうことに慣れて欲しくはないぞ(笑)。

そしてこんな慣れて来たときこそ、事故には気を付けたいものです。

↓のんに応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

一人で通学&子離れ

今日から少しずつ一人で電車に乗る距離と時間を長くして行きます。

これまではパパの通勤方向とのんの通学方向とが同じだったので、一緒に学校の近くまで行くことができましたが、もうすぐパパが異動になるので、これからは一人で学校まで行って貰わなければなりません。

とりあえず今日は、パパとのんとは少し離れたドアから電車に乗ってみました。
ラッシュですから、お互いの姿は見えませんが、さすがに毎日通っているので間違えることもなく、学校の最寄駅で降りることができました。

明日は違う車両、明後日はパパが先に行って待っていて、明々後日は途中でバイバイ、最後は最初から別々にといった感じでだんだん一人で乗る時間とともにパパとの距離を広げて行きたいと思います。

随分丁寧にやってると思われるでしょうが、多分のんは明日から一人で行ってね、って言えばすぐに対応できるんだと思います。

じゃあ何故?

実は心配なのは、親である僕の方なんですよね。
お恥ずかしい話ですが、自分の子離れのためにこれだけの段取りを踏んでいます。

がんばれ、俺!

↓忙しい毎日を前向きに頑張っているのんに応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


JUGEMテーマ:日記・一般

通学中の危険

都内某小学校まで電車通学をしているのんですが、保育園時代のピュアな毎日からは想像もできなかったであろう危険な通学の毎日を送っています。(もちろん僕はこうなることを想定していましたが・・・)
大人にとっては普通のことでも、子供にとっては危険なことが多いのです。

いくつか項目を挙げていきます。

■信号無視の大人たち
通学路中に大人たちの信号無視が多発する交差点があります。
のんが見てても一切お構い無しです。
自分で責任を取れる人なら渡ってしまうことも止むなしかもしれません。事故になれば過失相殺が発生するでしょうが、それも自己責任ですから。
のんによく聞かれます。「あの人はなんで赤信号でも渡っていいの?」
僕はこう答えます。「車とぶつかっても自分で責任が取れるからだよ」と。
のんには必ず信号を守るように言っています。どんなに車が来なくても、です。
今のところ、青の点滅が始まると渡ろうとしないほど慎重なので、これは大丈夫でしょう。

■みんな歩くエスカレーター
朝のエスカレーターは、右側は早く行きたい人がビュンビュンと歩いて行くので言わずもがなですが、左側ですらみんな歩いています。
つまり両側で歩いてるわけです。
しかし、小さな子にとってのエスカレーターは危険なポイントです。
最近、鉄道各社でも「エスカレーターでは歩かないで」というポスターを見かけるようになりました。
左側に静かに立って、仮に前の人が歩いて先に行ってしまっても、のんは無理して歩かず、エスカレーターが終わるのを待つよう指導しています。

■重いランドセル
ランドセルが重いため、電車の中でついつい下ろしたくなってしまうようです。
しかし、ランドセルを下ろして手を塞いだ状態で満員電車に乗ることは、小さな子供にとっては非常に危険な行為です。
ランドセルが重くても我慢して下ろさぬよう、しっかり背負っておくように指導しています。
ちなみに新しいランドセルは結構硬くて、満員電車の中ではなかなか迷惑なのですが、これはやむを得ないことなので、周りの方に配慮しつつも身の安全を確保するよう指導しています。

■どちらが開くか分からないドア
ラッシュアワーでは、電車の扉の開く方向とそのときの乗車位置によっては降り損なうことも十分に有り得ます。
今のところ、毎日同じ電車に乗っているので、基本的に開く方のドアは同じなのですが、事故等での電車遅延時のドアの開閉方向は普段と変わるのでちょっと心配です。
ドア脇に立っていて、降りる駅じゃないところでドアが開いたときは、一旦ホームに出て降りる人を通すなどのマナーの話があります。
以前に、悪気があったわけではないと思うのですが、小学生が人波に揉まれてもドア付近で降りずに粘っていたところ、余裕の無さそうな心の狭そうなビジネスマンに小突かれて車外に突き飛ばされていた事例を目撃したことがあります。あれはちょっと可哀想でした。教えてやるならともかく、暴力ではじき出すというのは、大人の行為ではありませんね。
のんは小さいので小突かれたらひとたまりもありません。
この辺りの乗車マナーについてはこれから徐々に指導していきます。

■人だらけの階段
階段も人が多くて、ちょっとでもつまずくと将棋倒しになってしまいそうです。
のんの悪い癖として、ときどき階段の途中で立ち止まることがあって、後ろの人をびっくりさせてしまうことがあります。
相手も小さい子にケガをさせてはマズいと神経を使っているところでしょうから、行動には注意をさせないといけないなと思っております。

そんなこんなで危険な、あるいは周りの大人にとっても危険な、通学の毎日を送っておりますが、そんな子供もいるんだよということを通勤中のビジネスマンの皆さんにも知って頂ければと。
早く慣れさせるようにしますので、もう少々お待ち下さい!

↓のんに応援をお願いします。クリックで!
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

JUGEMテーマ:学問・学校

授業参観&保護者会での役員決め

のんの通う小学校で授業参観&保護者会がありました。

授業参観の科目は国語でした。

まず始めに先生の朗読に続いて、クラス全体で教科書の朗読を行いました。
しかし、「読む」というよりも、先生が言う通りに「発音している」だけ、な感じもしますが(笑)、
本を読む「姿勢」「型」としてはひとまず様になっている感じでした。
本当の意味でその本を読めるようになるにはこれからもっと長い時間が掛かるのでしょうね。

その後、ひらがなのプリントをやりました。
まだ1年生の最初なので、手を上げて発表というようなこともできませんから、ひとまずプリントになってしまうのでしょうが、親的には子どもたちがプリントに取り組んでいる時間は待つことしかできないので退屈ですね。

そしてついつい、隣の○○ちゃんの方が早く書けてる、といったことを見てしまいがちですが、他人様とくらべるのではなくて、のん自身の成長を追って行くことを今後も心掛けたいと思います。

授業参観の後は保護者会です。
今回はクラスの役員を決めます。

この役員ですが、共働きだけに正直言ってやり過ごせるならそれがベターなのですが、6年間という長いスパンを考えると、そのうち自らやらざるを得ない状況に追い込まれる可能性も考えられ、他の保護者の皆様方もそういう気持ちかはたまた真に子供のための行動なのかどうか真意は計りかねますが、今回は立候補によって全ての役員があっという間に決まってしまいました。

子どもの学年がまだ下のうちにやっておいた方が良いよね、とママとは話していますが、
しかし、来年の役員決めも今回のように立候補であっという間に決まりそうな予感がします・・・。

何はともあれ毎朝楽しそうに学校に通うのんの姿に、まずはほっとしています。

↓よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
JUGEMテーマ:学問・学校

送迎、いつまで?


小学校入学から3週間が経過しました。

学校への朝の送迎はパパの仕事です。
会社の方向が一緒だからですね。
学校の最寄駅でバイバイして、学校までは自分で行ってもらいます。

帰りは学校から学童までは2日目から自分で行くようできたので、これは自立成功。

学童からの帰りは夜になるのでこれはパパかママの都合が良い方が迎えに行きます。

朝は自分も方向が一緒なので、本人が嫌と言わない限りはこのまま学校の最寄駅まで一緒でもいいかなーと思っています。
案外、早い段階でもういいよ、って言われるかも知れませんが。1年後か2年後か…

問題は夜の学童からの帰宅路。
これはもう続けるしか無いですよね。

夜の子どもの一人歩きは危険ですから。

となると、いつまでも送迎なんだなあ。

↓応援をお願いします!クリックで!

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



JUGEMテーマ:学問・学校

12345>|next>>
pagetop