August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ヘ音記号についているお味噌とは?

のんは現在、ヘ音記号の音を読む練習をしています。
その教室で、ヘ音記号には「お味噌」が付いていると教わりました。

ヘ音記号の横についている2つの点がミソ。
下の点が「」、上の点が「」を示すということで、「お・味・噌」なんだそうです。
ちなみにヘ音記号の始まりにある大きな黒丸の部分がヘ音、ハニホ(CDEF)のつまり「ファ」の音を表しているんですね。

ついでに言っちゃうと、ト音記号はハニホヘ(CDEFG)のつまり「」の音の位置を表しています。
くるるんとなっている部分がソを囲むようになってるわけですね。

今まで適当にト音記号やヘ音記号を書いてきましたが、きちんと意味があるのですね。今後は気をつけたいと思います。



↓よろしければクリックで応援をお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室

ピアノ個人レッスン、習い始めます

現在、個人のバイオリン教室とヤマハ音楽教室(幼児科)に在籍するのんですが、ピアノ個人レッスンも並行して始めることにしました。
こちらは、ヤマハのオプションや個人レッスンではなく、全く外部の個人ピアノ教室になります。

個人レッスンを始める意図としては、「スキルアップ」そして「ヤマハと違う世界の提示」です。
ヤマハはやはり「音楽教室」なので、鍵盤以外にも歌やらリズムやらいろいろとやるのですが、純粋にピアノの世界を提示してみて、のんの反応を見てみたいなと思ったのです。

さて、なぜ外部のピアノ教室にしたのか、ポイントをまとめます。
​※なぜヤマハを辞めないのか、もそのうちまとめます。

(1)時間の融通が利く

我が家は共働きで時間の制約が多いので、ヤマハのような時間の融通が利きにくい教室で個人レッスンをするのは難しく、毎週やるのも今の段階では(親的に)難しいと思いまして、月3回とかでやれそうなところが無いかな〜と、ピティナのサイトなどで講師を探しておりましたところ、意外や意外、車で5分のところに時間の融通が利いて趣味も会いそうな先生がいらっしゃったのです。

しかも、我が家の空き時間と先生の空き時間がジャストフィット。
偶然の幸運でした。

(2)カリキュラムの融通が利く

ヤマハの個人はやったことが無いので何とも言えませんが、ホームページを見る限り、テキストが決まっていて、それに沿って進むようです。また、グループを併用するとグループの進度と合わせたステップアップが原則となる?らしく、あまり融通が利かなそうなイメージがありました。

その点、個人の方はいくらでも相談に乗ってくれるので、のんの興味のある方向に伸ばしてもらえるかな、と思いました。

(3)意外と安かった

だいたい30分1700円程度の価格でした。
このぐらいでやってもらえると非常に経済的です。

(4)先生がブロガー、SNS使い

先生との連絡が非常に容易。これは助かります。
ま、今時電話しか連絡手段が無い先生というのも少ないのかもしれませんが、特に共働き我が家としてはいつでも連絡が取れるのは有り難いのです。

(5)友達の幅を広げる

のんはバイオリン教室とヤマハ音楽教室にそれぞれ音楽で繋がる友達が居るのですが、外部のピアノ教室でこれまた新しい友達関係が出来るのではないか、という期待を持っています。
個人レッスンなので、発表会のときぐらいしか会わないかもしれませんが、いいじゃないですか。
いろんな子どもたちと出会える機会を大切にしたいと思いました。


そして体験レッスン!
のんの反応はばっちり!
「楽しい、やる!」
「ヤマハもやる!ピアノもやる!バイオリンもやる!」
「何でもやってやるぞー!」
とやる気満々ののんなのでした・・・。


というわけで、月3回ペースの緩い感じではありますが、楽しく続けられそうです。

昔はヤマハは小学校に上がるときに辞めて、バイオリン一本に専念させるつもりだったのに、バイオリンはあまり好きじゃないというのん。で、ヤマハは好きだと言うのです。パパショック・・・。
バイオリン教室を辞めるつもりは今のところありませんが、本人が好きだと言うヤマハも辞めるわけにはいきません。
好きなら伸ばしてみようと今回叩いたピアノ教室の門。
斯くなる上は、バイオリンとヤマハとピアノのトリプル併用をやってやろうじゃないか、というわけです。

いつかバイオリンを好きと言ってくれるのか、それとも好きじゃないままあと何年かでバイオリンは辞めてしまい、ピアノ一本になるのか。
まだまだどっち付かずのパパですが、低学年の頃は答えを決めずに二刀流で続けて行こうと思います。


そうそう、新しいピアノの先生にはヤマハとバイオリンをやっていることは伝えてあるのですが、バイオリンの先生の方にはまだ伝えていません。何か言い出しにくくて。。。でもまあ、早く伝えておきたいと思います。

↓さくらパパに応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ

JUGEMテーマ:ピアノ教室/音楽教室
1
pagetop