June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

劇団四季「はだかの王様」

家族でアンデルセンの「はだかの王様」を原作とした劇団四季のファミリーミュージカルを観賞してきました。

今日1/13(日)は、自由劇場で公演されている「はだかの王様」の千秋楽。
子どもたちもたくさん来ていて、500席近い座席は満席に見えました。

とても分かりやすいストーリー。
のっけから子どもたちを劇に参加させる客席を巻き込む演出。
(一緒に歌を歌ったり、王様ははだかだ!と言わせる台詞の練習など)

幕を開ける歌を指導してもらい子どもたちと歌いながら、30人近い出演者たちのダンスと一緒に歌と拍手と手の振り付け。
最初からいきなり劇団四季モードで、既に感動気味の僕。。。

のんも一緒に口と手を動かしながら、すっかりミュージカルに引き込まれ、最後までとても楽しく見ることができたようです。
台詞はあまり多くなく、80%以上が歌とダンスだったように思います。だから見ているだけでも楽しいです。

でも、台詞は多くなくても、表情で演技している劇団員の皆さんには感激。
嘘がバレないかと心配しているときの表情、本当のことが分かったあとのハッピーエンドに向かう晴れ晴れとした顔。表情を見ているだけで何を考えているか分かるような感じでした。(子どもにはそこまでの洞察は難しいでしょうが)

「見栄を張ることなく、自分に正直に生きよう!」という主題が理解出来たかどうかは怪しいですが、このミュージカル、きっと記憶に残ったことでしょう。

ネタバレについては、続きをご覧下さい。



ブログランキング・にほんブログ村へ

だいたいお話のあらすじは知っていますので、概ね驚きも無く見ていたのですが、
まさか王様が本当に裸(ふんどしは穿いてましたが)で出て来るとは思っておらず、僕はすっかり意表を突かれました(笑)。 

確かに変に紅白のDJ OZMA(ネタが古くてすまん)みたいにボディスーツを着て出てくるよりも、本当に「裸」で出て来るからこそ、子どもたちだけでなく大人たちからもドッと笑いが起き、「なんだあれー!」「裸じゃーん!」と会場は大喜び、大笑い。

そこからは、「王様ははだかだ」の大合唱。

王様や大臣たちは舞台から下りて、客席中を歩き回り、「やめなさい」「王様ははだかではありません」と言いますが、子どもたちの歌は止むこと無く、ついには大臣たちも「王様ははだかだ」と歌いだします。

真実が分かった後は、ハッピーエンド。

ロビーで王様たちに見送りをしてもらい、楽しく劇場を後にしました。




comments

トラバありがとうございます。

千秋楽には私の娘も出演しておりました。

  • JUNSKY 観劇レビュー&旅行記
  • 2013/01/14 11:05 PM

コメントありがとうございます!

娘さんが劇団の方なのですね?

子供たちに夢を与えられる仕事、素晴らしいですね。

  • さくらパパ
  • 2013/01/15 12:51 PM
   

trackback

劇団四季ファミリーミュージカル「はだかの王様」を観てきました。

 劇団四季のオペラ座の怪人や、ライオンキングを見てすっかり、ミュージカルの虜となった僕。今回はちょっと子供向け作品なんですが、はだかの王様を見てきました。

  • よしなしごと
  • 2013/01/14 5:23 PM
pagetop