April 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

劇団四季「魔法を捨てたマジョリン」鑑賞しました。

夏休みに劇団四季のファミリーミュージカル「魔法をすてたマジョリン」をのんと一緒に鑑賞してきました。

進行は「王様の耳はロバの耳」や「桃次郎の冒険」と同様に、とにかく観客を劇に参加させる!
ご丁寧に歌詞カードが空中から現れて、みんなで歌の練習までしました(笑)。
しかしこの歌が後で重要なパワーの源になるわけですから、きちんと練習しておかないと。

さすがのファミリーミュージカルですが、それだけじゃなく、音楽やっている子にとってはこのミュージカルは良い刺激をもらえると思います。
というのも・・・

<ここから下はネタバレのオンパレードです。鑑賞した後でご覧下さいね。>

今回、実は僕は初見だったのですが、最初の魔女たちが合唱する「魔女の生きる道」という歌でちょっとした違和感を感じたんですよ。
どういう違和感かと言うと、魔女たちが歌う割にはコード進行がおどろおどろしく無いというか、怖く無いというか、感動すら覚えるような感じだったんですね。
魔女の割にはちょっと前向きな感じじゃんかよ、という違和感。
その「魔女の生きる道」は、こんなメロディーです。→試聴

そして、何度も練習させられた(笑)、村人たちが歌う「心から心へ」という歌ですが、これが結構感動するわけで、どういうメロティーかというと、こんな感じ。→試聴

気付きました? コード進行が魔女たちの歌と同じだってこと。

まったく同じコード進行で、確かにちょっと魔女の歌の方では違和感を感じたものの、まったく違う曲が仕上がっているということ。これにびっくりしました。

で、なんでコード進行が同じなのかなと思ったら、最後で魔女たちと村人たちの闘いがありまして、お察しの通り、歌で闘うわけですね。
同じコード進行の中で、魔女たちが強くなったり、村人たちが強くなったり、そしてやっぱり魔女たちに負けそうになったところで、会場に応援要請が来て、会場の声と合わさって村人たちが魔女たちに立ち向かって行くわけ。
そこで会場が一体となって練習した「心から心へ」が大合唱されて、魔女たちの「魔女の生きる道」を撃退する、という流れですよ。

闘っているときのメロディーはまさにこんな感じ。→試聴

ね。すごくないですか?
ストーリーも分かりやすくて感動的ですが、僕、音楽で感動しちゃいました。

のんがどこまで分かっているかは謎ですが、歌は響いてくれたんじゃないかな。

■プロモーションビデオだけで泣ける・・・。


■マジョリンとダビッド


■ブツクサスとニラミンコ


↓のんに応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
JUGEMテーマ:ミュージカル

comments

人の 心から光を奪え
悪どく 悪どく 毒を撒け
この世に呪いをかけて地獄とそっくりに
それが生き甲斐 魔女の生きる道

君の手と僕の手を固く握り
分け合おう僕達の心のぬくもりを
ほらごらん風も雲も君を見てる
ほらごらんひとりじゃない
みんな微笑んでいる
君の手と僕の手を固く握り
分け合おう僕達の心のぬくもりを

  • 歌詞
  • 2015/10/22 1:28 AM
   

trackback

pagetop